会社概要

沿革

1946年(昭和21年)
東京銀座に資本金50万円にて東高産業株式会社を設立
1952年(昭和27年)
日本電信電話公社発足に伴い、指定業者の認可を取得
1956年(昭和31年)
東高通信工業株式会社に社名変更
資本金200万円に増資
1960年(昭和35年)
東京都台東区に本社移転
1963年(昭和38年)
資本金440万円に増資
1964年(昭和39年)
資本金1,500万円に増資
1965年(昭和40年)
ワイヤプロテクタ工業協同組合設立加入(現在に至る)
通信引留金具協同組合設立加入
1968年(昭和43年)
資本金3,000万円に増資
1969年(昭和44年)
鋼心入屋外線引留具の生産納入開始
1982年(昭和57年)
自動倉庫を建設し、在庫管理を強化
1983年(昭和58年)
白鳥工場に、工場事務所及び金物工場を新設
1984年(昭和59年)
通信用線宅資材協同組合に加入
1988年(昭和63年)
全国通信線路用機器材工業協同組合に加入
1997年(平成09年)
第二工場及び独身寮を新設
1999年(平成11年)
ISO9002システム認証取得(登録番号JQA-3118)
2001年(平成13年)
全国通信線路用機器材工業協同組合と通信機器工業協同組合が合併し、全国通信用機器材工業協同組合に名称変更
ISO9001システム認証取得
ISO14001システム認証取得(登録番号 JQA-EM1861)
研究開発棟を新設
2002年(平成14年)
本社事務所を移転
2005年(平成17年)
創業50周年
2008年(平成20年)
本社事務所を現住所に移転